アットベリーには副作用やアレルギーの口コミは無い?安全性はどれほど?

アットベリーはワキや膝の黒ずみを改善できる他、VIOラインや乳首などのデリケートゾーンの黒ずみにも使用することが可能です。

 

VIOや乳首の黒ずみに悩んでいる方は多いと思います。

 

そんなアットベリーを実際にデリケートゾーンに使用する時に考えるのが、副作用アレルギーは無いの?といったことです。せっかく購入したものが副作用のリスクがあるものだったら嫌ですものね。

そこでこの記事ではアットベリーの副作用やアレルギーに関しての安全性を調べてみましたので紹介していきたいと思います。

 

アットベリーは副作用の心配は無いので安心して塗れる

 

アットベリーのような美白効果が期待できる商品には1つ気をつけることがあります。それは配合されている美白成分は安全なものかといった事です。

 

黒ずみクリームやシミ消しクリームには美白成分と呼ばれる主成分が配合されています。美白成分にはいろいろな種類がありますが、危険とされている美白成分が以下の2つです。

  • ハイドロキノン
  • ロドデノール

上記2つの成分は美白効果が非常に高い一方で、効果が高すぎる故に、白斑の副作用が報告されている成分です。

 

実際にロドデノールを配合した化粧品で白斑の副作用が起きた事例が過去にありました。

 

美白成分=白斑の危険

 

といったネガティブな印象を与えてしまった過去の事件ですが、美白成分が悪というわけでは無くロドデノールが悪い成分だったといったことですのでご安心ください。

 

アットベリーには上記のような危険な美白成分は配合されておらず「水溶性プラセンタエキス」という美白成分を配合しています。

水溶性プラセンタエキスは医薬部外品として使用できる有効成分です。医薬部外品とは厚生労働省が効果を認めた成分です。医薬部外品といった表記がされている商品にはそれぞれ効果を認められた成分が配合されています。

 

アットベリーの安全度が見られる特徴とは?

 

実はアットベリーは、元々は敏感肌の人のために作られた商品なんです。そのなごりから、アットベリーは安全性が高い作りになっています。

 

 

実際にアットベリーを使用した人の口コミでも、副作用やアレルギーを感じたような口コミは見られませんでした。

 

 

アットベリーの安全性の高さの理由として、1つ目に、先程紹介した美白成分が安全性の高いものを使用しているということがあります。

もう1つはアットベリーは7つの無添加成分で作られているという事があります。

  • 着色料
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン

といった肌に刺激を与えるとされる危険な成分は一切配合していません。これにより、敏感肌の方でも安心して使える作りになっています。

 

そしてアットベリーには180日間全額返金保証が付くという事です。

アットベリーのようは肌に直接塗るような商品は、肌に刺激を与えやすく、人により合う・合わないが出てきてしまいます。そのような“もしもの場合”でも安心できるよう180日間全額返金保証が用意されています。

ただし、180日間全額返金保証はアットベリーの公式サイトで購入した場合のみにしか付きませんのでご注意ください。

 

アットベリー安全性は◎安心して使えるでしょう。

 

まとめるとアットベリーは安全性が高い作りになっており、肌荒れや敏感肌の方でも安心して使えるようになっていました。

 

  • 美白成分が危険な成分でない
  • 口コミでも副作用やアレルギーの口コミは無し
  • 元々アットベリーは敏感肌向けに作られていた
  • 7つの無添加で作られている
  • 180日間全額返金保証付きで購入できる(公式サイト限定)

 

気になった方はアットベリーを使用した人の口コミも一緒にごらんくださいね。